« 大好物の一つを簡単に(温玉) | メイン | エエ!!!のできごと »

2017年7月30日 (日曜日)

暑い時は地下鉄の赤いラインに

Photo_2

毎日暑いですsun

でも、涼しい場所は、こういう事になったりするのね

ここには靴が見つかりませんfoot

え、裸足??? 

この人、靴を履いてないの;;

道はガラスの破片とかあって危ないですっ

 

ミラノ市はこういう人達に眠る場所や食事、衣服、医療等、衣食住の様々なケアーをしています。

それを知らないのかしら。

犬はキケンから守ってくれるからね、

可愛いから飼っているという事ではない場合が多いです

でもね、公共の場所で、口輪をしないと法律違反

気をつけて欲しいです。 

  

昼間涼しくて安全なところで寝て、夜は同じような境遇の人に襲われるキケンがあるからがんばって起きてるそうですshock

 

ミラノにある空港は夜中そういう人達に開放しているはず

ただし、飛行機が動いてない時だけだそうですがトイレとか、身体を清潔に保つ事は出来るので、良いと思うんだけど、実際はどうなんだろう、、、。

 

みんながんばって生きよう!!!

 

  

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/242219/34074525

暑い時は地下鉄の赤いラインにを参照しているブログ:

コメント

世界中、生きていくのに大変な思いをしている人、大勢いらっしゃいますね。
ミラノは日本より制度は整っているかと思いますが、人数が多すぎるのでしょうね。

職場の近所で、夏になると見かけるホームレスらしき人がいます。
昼間は川に架かるバイパスの橋の下で休んでいて、涼しい時間になると活動しているみたいです。
冬は都会の方へ行くみたいです。

>Junさん
ミラノ市もがんばってるけれど、一番がんばってるのはカトリック教会関係の援助かもしれません。
自由に生きるのも大変ですね。
これからどんどん増えると思うから、いまからしっかり考えていく必要があるでしょうね。

日本のホームレスはここまで横柄ではありませんね。
駅の階段に座るとか、都立図書館の椅子で寝るとか・・・
冷暖房完備ですものね。
東京に居たときこれにはびっくりしました。

温泉卵の記事アップしました。TBもさせて頂きました。
ありがとうございます。

>matsubaraさん
あ、都立図書館の中とはよく考えましたね。
と、感心している場合ではないですね。
何か対策を考えないといけませんね。人間らしい生活からほど遠いような状況から救い出すぐらいの余裕がないと行けないです。
政府は自分たちばかり潤う政策ばかりで情けない限り。

温泉卵の記事、ありがとうございます^^

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007