« 情熱は材料 | メイン | 不幸中の幸いさぁ〜 »

2017年4月 6日 (木曜日)

初めての恐怖

Photo

この年まで良く無事で生きて来たものだと言う事に気付きましたsweat02

 

先日友人達と近くの和食屋さんへランチに行きました

ミラノではけっこう評判だったところです

 

そこで、海鮮の載ったお重を食べたのです

 

翌日、友人から連絡があり、吐き気と下痢が大変だというのです。

あら、どうしたのかしら、お大事に、なんて事を言っていたら、

その夜中、なんかむかむかするの

お酒を飲み過ぎたようなむかむか、でも、飲み過ぎた訳ではないのです。

 

おかしいなぁ、と思っていたら、やってきました

激しい腹痛と嘔吐、下痢、、、、shock

 

これがもう、辛いのなんのって

 

胃痙攣みたいなのが定期的に波のように押し寄せてくるの

痛くていたくて思わずうめき声が出てしまうほど、

眠れた物ではありませんでした

でも、座っていられない

救急車hospitalなんて呼ぶ余裕が無いし、出かける用意もできない

 

まさかのノロウィルス

症状は全く同じ

 

ほぼ4日間何も食べられず、腹痛に苦しみました

とにかく時間が過ぎるのをただただ待つだけの状態

 

で、今日はサローネ(国際家具の見本市)でしたので、

当然、ご挨拶に行かなければならないショールームへ行ってきました

そこで出されたスプマンテが美味しく感じられてホッとしたところです

 

そういえば、 和食屋さんの厨房にいた女性が素手で刺身用の魚をべろべろ無駄にいじくり回しているのを気持ち悪いとおもったけれど、

わたしの友達もそう思っていたんですって(怖)

 

イタリアでは、人が直接口にする物を素手で扱うのは禁止されてますdanger

必ずラテックス等の手袋が必要になります

 

色々な人にその話しをしたら、別の時期にその店で家族全員で食事をし、家族全員が食中毒を起こした日本人が居たそうです

通報は、、、、なかなか出来ないですね

他の良い和食店までも疑いの眼で見られたらかわいそうだから

二の足を踏んでしまいますwobbly

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/242219/34053620

初めての恐怖を参照しているブログ:

コメント

あらら- 災難でしたねぇ。;;
お金を出して食べたモノで そういう事になると
トラウマになりますよね。
回復されたみたいで 本当に良かったです。
やっぱりちょっとでも『何だか危ない』って思ったら
食べないのが一番ですね。;;

>どしゅこいさま〜♪
それはそれは地獄でした。
ウィルスなんて、味も臭いもしないからこわいわね。
体調が戻るまではだいたい1週間ですって。
くやしいわ;;

この記事、今朝になって気が付きました。
大変でしたね。

日本でもまだ素手で扱うお店が多いです。
お寿司屋さんみたいに酢で手を洗って、と言うこともしない。
食中毒は未経験ですが、恐いですね。

神戸でよく食中毒を出したお寿司屋があって、「あの店の食中毒は神戸の夏の風物詩」なんて言われるほどでしたが、最近は流石に気をつけているみたいで20年ばかり出していません(爆笑
今は店の存亡に関わる時代ですからね。
ミラノので頑張っているお店を巻き込みたくないお気持ちはわかりますが、公にせずに経営者に注意する方法とかないものでしょうかね。

鳥の名前のあそこですね....!

>Junさん
こんなに大変な事だとは思いませんでした。
とにかく、少しずつの水分補給しか手だてがないの。胃のところを触ると硬くなっていて痛いんです。
普通の食中毒ならきっとあっさり終わるんだろうと思います。
 
>Paoloさん
あははは、バレてますね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007