« 甘くないんだ | メイン | 夏限定 »

2014年6月13日 (金曜日)

鳩に餌をやらないで

268

ヴェネツィアのサンマルコ寺院の前の公共のゴミ箱にメッセージが書いてありました。

 

 

「衛生的な問題と、モニュメントを傷めることになるから

鳩に餌をやらないで」

 

って書いてあるけれど、普通は鳩はPICCIONI(複数形)

なのに、ここではCOLOMBI(複数形)って書いてあります。

 

どっちも鳩だけれど、イタリア人に言わせるとあの灰色の神社に沢山いるのがPICCIONで、美しい白いのがCOLOMBIって言うの

だから、復活祭の時に食べるお菓子がCOLOMBAっていうからね

 

ということで、宗教色の強いところだからコロンビを使ったのかもね

 

いやいや、鳩がいなくなることはないだろうなぁ

ヴェネツィアは鳩に混じって巨大なカモメもいるの

あれは鳩に比べてイケメンだからあまり嫌われてないけれど

不潔なことは同じ

 

見かけって大事よね〜(笑)

 

 

  

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/242219/32293917

鳩に餌をやらないでを参照しているブログ:

コメント

おっと! そう来るか。
鳩と鴎。
この対比を 人間に当てはめると
アタイは、だめだわ〜〜。鳩だわ〜〜。
イケメンの女ヴァージョンになりたかったわ〜〜。てへぇ!

鳩、どこでもいますね。
高校でも巣を作ってました。近所に奈良時代より古い神社があるので、そこから来てました。
あれはドバトですね。羽根の模様が綺麗なキジバトはそんなに数が増えません。餌付けもされないし。
糞と寄生虫とかいろいろ問題があります。

出雲大社の鳩は暴力的でした。
肩や頭に平気で留まって餌を奪いに来ました。
餌を売っていたので参拝者が購入するともう鳩だらけになっていました。
現在は餌の販売を止めて、鳩も減ったそうですが。
奈良の鹿と出雲の鳩、どっちが凶暴だろう?って思いましたもの(笑

私、やっぱり投稿手順、なんか間違ってるのかなあ?
それとも基準ある?うるさいやつは無視とか⁈(爆)
アグネス・チャンが鳩の群れを見て「 あら、美味しそう!
」って、言ったとか。
不謹慎だけど、イタリアでは鳩料理は?
絶対ないですよねえ。

>BBさん
わっはっはっ、でもね、BBさん、風の便りで大女らしいじゃないの。
だったらカモメだわよ(笑)
っていうか、細いらしいからフラミンゴ?
 
>Junさん
ドバトは全世界にいるわね
キジバトとか、食用鳩は滅多にいないわね。
昔はどこでも鳩豆が売っていたわよね。豆をふやかしたもの。
結婚式が行われるところではお米のシャワーを狙って鳩がどっさり来るの
おそろし〜〜〜〜
奈良の鹿と比べたら、、、、鳩の方が凶暴かも
やっぱりどっちもそうだけれど野生動物を甘やかしたツケだわね
 
>yukie.snowさん
あら、投稿に問題があった?色々工夫してみてね〜♥
イタリアにも鳩料理はあるのよ。
ボローニャのお肉屋さんでも頭が付いたまま売っていたわ。
あと、トスカーナのお肉屋さんにも沢山並んでた。
足を上に向けて売っていたからあのピンク色ですぐに鳩だとわかったわ。
苦手〜〜〜〜〜っ
でも、売られてるのはドバトじゃないんだってさ(笑)
どうりで、羽を残した頭がくっついてるわけだわshock

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007