« セイヨウオキナグサ(追記あり) | メイン | アルプスの花 »

2013年6月28日 (金曜日)

またやってしまった( ̄▽ ̄;)!!ガーン

Fn151 

これは私鉄の列車の二階席
 
だ〜れもいない
 

そうよそうよ、実はここは車庫みたいなところだから

 
 
終点のカドルナ駅で降りるはずが、、、、
うっかり寝過ごしてしまったのです。
 
知らない間に眠ってたの
 
 
電気が通ってないから扉は開かないsweat02
 
 
他に誰か乗ってたら怖いなって思って二階の席を見に行きました。
停まってる間、さんざん変な音がするんだもん。
 
最初のうちは余裕で、友人から借りた本を読んでいました。
なかなか本を読むような環境は作れないから
これっていいなぁなんて思い、没頭
 
でもだんだん空模様がおかしくなり、曇ってきたらさすがに心配になってきました。
 
いったい私はどこにいるんだろう、、、
 
 
時間的にみてもそう遠くにいるわけもなく、
 
 
窓を開けても手がかろうじて出せるような窓しか無い
だから、まわりがみえない
っていうので外にデジカメを出して撮影
 

Fn47

 
右を見ても
 
左を見ても 
 
Fn52
Fn150
反対側を見ても
 
 
これじゃあ何もわからない;;
 
 
ま、いつか出発するでしょう、ぐらいの気持ちでいました。

 
ところが1時間半過ぎた頃から雨が降り出し、気持ちは落ち込み
嫌いなホラー映画の気分
 

Fn155

 
緊急の時はこれで話してくださいっていうのがあってボタンを押したけれど、電気が通ってないからうんともすんとも(苦笑)
 
とうとう、友人に電話をして、鉄道会社の電話番号を調べてもらいました。
 
電話をしたところ、 
 
「スミマセン、私、列車の中に取り残されたんですけど」
「どうして?」
そんなこと聞いてどうする?
「眠っていて、、、」
「今どこ?」
「わかりません、でも、カドルナ駅の近くの車庫だと思います。」
「そういう所いっぱいあるから特定しないと助けたくても助けられないよ」
「私がわかってるのは何時何分にどこの駅を出てカドルな駅に向かった列車だということだけです」
「シートの色は?」
「青」
「新しい列車?」
「はい」
「窓から何が見える?
「他の列車と道路らしきもの」
「そこは駅じゃないの?」
「あのね、私だって駅かどうかはわかるの。プラットホームが無いから駅じゃないの。もう、電話のバッテリーが切れるから長く話せません」
「だめだめ、切らないで。」
・・・・
っていうバカバカしい会話がずっとあって、しばらくすると何も知らない車掌さんが現れて仰天!
 
「なに、なに、どうしたの? 自分のやってることがわかってるの?」と怒
 
 
しばらく、「一晩ここに居たらどうなってるんだ」とか色々ブツブツ言ってました。

 
 
ちょっとさぁ、このことで目覚めてよ。
間抜けな客もいるわけよ。
もしかして、病気で倒れてたらどうなのよ。
だから、せめて車庫に入っちゃう場合はアナウンスするとか見まわるとかしてよ。
んも〜と思ったのでした。
 
 
もしも、緊急の場合はドアを壊して脱出できるようにハンマーとか色々ありますのでご安心を。
でも、このケースでそれをやると賠償責任が出てくるに違いないし、面倒くさかったのでのでしませんでした(笑)
 
皆様もお気をつけて
 
FBでも書いたけれど、一応、記念に、、、、
 
 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/242219/31675093

またやってしまった( ̄▽ ̄;)!!ガーンを参照しているブログ:

コメント

本当に~~災難でしたね!!
寝ていて一駅~二駅~乗り越すことはよくありますが、車庫にまで行っちゃうと、だれもいませんし、泣きたくなるわね。
このまま蒸し風呂のような~または極寒の車内だったら・・・と思うと身の毛もよだつ怖い体験でしたね。
これからは~寝過ごさないように~気を付けてね!?

私も非常に寝坊助なので、危険ですぅ。

バスで車庫まで、と言う話は聞いたことがあります。
学生時代、バイトに行く為に乗った電車で、座席(向かい合ってる長い昔式の・・・)に寝ているオジサンがいて、セットした目覚ましが鳴ってるのに起きないで鼾をかいていました。
みんな「起きないね」「時計がうるさい」と言うだけで、起こさない。(多分、起きなかったかも)
昔の置き時計だからずっとジリジリ鳴りっぱなしで、私が下りても去って行く電車からジリジリ聞こえてました。

あらら- さぞやさぞや怖くて不安だった事でしょう。;;
世界中から取り残されたような一人ぼっちの気分で
益々へとへとにお疲れになったのでは?
でも兎に角ご無事で 本当に何よりで御座います。^^

王子様のキスで目覚めたら そこはパラダイスだった!
・・・っていう目覚めを一度くらいは経験してみたい私。
(有り得ないか・・・;;)

>きりちゃん
誰か居るかと思って見に上の席に行ったらとても暑かったです。
蒸し風呂になる前に小窓を開けました。
開けたって、ほんの10センチも開かないの;;
 
>Junさん
私が日本にいたころ、終電に近い電車にのると首から紙を下げてる人がいました。そこには「〇〇駅で降ります。寝過ごしそうなら起こしてください。」っていうのがありました。
いびきかいて寝る人ってたくさんいるのよね。
私もかいてたりして?
 
>どしゅこいさま〜♪
ワタクシ、開き直るのが早いのでgood
 
王子様のキスで目覚める、、、、う〜ん、私のシナリオでは架空のものだわ。経験してみたいことは確か(笑)
あらら、王子たちが逃げていく〜〜〜(笑)

FBより詳しいし、写真もあって状況が把握できました。
でも私なら青ざめてうろたえるのに、カメラで悠然と周囲を
撮影されるところがすごい・・・

電車では寝ないようにしましょう・・・?!(笑い)

「またやってしまった!」って
数回めなの?
こわいね==!
どうして、読書等していられるのかしら? ドキドキ…。
しかも、連絡しても、「どこに居るか、こちらもわからない!」の鉄道会社の対応にオロオロだわさ。
最後の結末はどうなったの?

>matsubaraさん
窓が斜に10センチぐらいしか開かなくて手がかろうじて出せる感じ
そこから写真を撮ったのは自分がどこにいるのか把握するためでした。
ここにいると色々なことがあるので少しのことではうろたえなくなりました(汗)
 
>kashinさん
えへへ、わかってるけれど、座るとす〜っと夢の世界へ、、、
困ったものです。
 
>BBBさん
前はパリで、、、
本を持っててよかったわ。
その本、とてもおもしろかったの。「モリー先生との火曜日」っていう本。
私も鉄道会社の対応に驚いたわ。
もう信用しない。
その人達と無駄に長話をしている間に運転手がやってきて出発準備を始めたので幕引きとなりました〜shine

うわあっ、災難でしたね。
夜でなくて、まだよかった。
でも、本読んだり、実に落ち着いてて、
私だったら、パニック!
でも、終点で列車の車掌さんが最後の点検はしないのかしら?
忘れ物とかもあるでしょうに。
今回はレイコさんという忘れ物ネ。
お疲れさまでした。

>yukie.snowさん
そうよ〜私が忘れ物になっちゃったの(笑)
意外にゴミひとつ落ちてない綺麗な列車でした(爆)
私、、、めったにパニックに陥らないの、、、
「可愛げのない女〜っ」ってのはワタクシのことですsweat02

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007