« 大きいんだからぁ | メイン | お食事ちう »

2012年5月28日 (月曜日)

人生は儚い(memento mori)

Poldip
 
 
ミラノにあるポルディ・ペッツォーリ美術館にあるひとつ
若い男の肖像画ですが後ろにひっくり返すとドクロになるの
 
 
  
 

ひっくり返す必要がないように鏡が置いてあります。
 
 
板にテンペラで描かれています。
23,8 x 18 cmと小さなものです。
 
ドクロの所にはラテン語でメッセージが書かれています。
 
メメント・モリ
「皆、必ず死ぬことを覚えてろ」


人間の美しさや若さはほんの少しの間だけで、最後は皆同じ、死があるのみ
という意味の言葉が書かれているんですって


P091
 
 
皆に等しく死が訪れること
 
メメント・モリ
 
だから、「今を楽しめ」ということですねgood
 
 
 


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/242219/29159429

人生は儚い(memento mori)を参照しているブログ:

コメント

あー、なんかそれ、見たことあるような。
同じものじゃないかも知れませんけど、似た様なメッセージの芸術品、以前にも紹介されましたよね?
面白いです。

>Junさん
たぶん、同じテーマで描かれたものが沢山あるから
その内の一つをご覧になったのね^^
人生楽しまなくちゃねhappy01

今日を大事に生きよう~?!(笑い)

>kashinさん
大賛成 \(^▽^)/

reikoさん
凄い絵ですね
デモ間違いない真実ですね

>ryuji_s1さん
そう!
「同じ結果になるなら生きているうちに楽しみなさい」
真実です。

日本ではあまり髑髏が描かれることはあまり
ないのですが、西洋では日常茶飯事
なのですね。
前にも教会の洞穴に積んでありましたし・・・

>matsubaraさん
昔の人は今の人達のように死ぬことを恐れていなかったようです。
悪い死に方(犬死)だけはしたくなかったようです。
身近なものだったということですね。

ご無沙汰しています。
こんなメッセージ性が大好きです!
やっぱり、同じ時間を過ごすんだったら、楽しまなくちゃ損ですよね~

生き物等しく死が訪れる・・んですよね。
いつも「今」を楽しく生きる事を考えながらも、
この歳になったらやっぱりどのようにして「死んで行く」のか・・を考えてしまいます(^^ゞ

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007