« ローズマリー/ローズマリーノ 挿し木 | メイン | 藤の香りは春の香り »

2011年4月14日 (木曜日)

なんだかなぁって思うもの、、、

243w
 
 
溜め息しか出ないわ。。。sweat02
これミラノの市庁舎の前にあるってことは市長が気に入ったって事よ。
彼女の趣味は、、、、ちょっとねsweat02
 


金ピカピカの金網は何を言いたいのかわからない
まるでアジアかアラブのどこかの国みたいeye
 
   
今、サローネ(国際家具見本市)の時期なので色々なところで
展示会があります。
 
 
 
そして歩みを進めると先にはこんなものが、、、despair
 
092w
 
Cacciatore di stelle「星の狩人」

つまらない。。。。これ、飛ばないし
 
 
邪魔だし、美しくないし、コンセプトが不明〜
って、私が好きじゃないだけなんだけれどね(笑)
 
このアーケードはステキな場所なんだけれど、催し物があるとここに展示されたりするの
 
 
滅多にいいものはないわね。
 

106w


この塩の山も同じ人(Mimmo Paladino)の作品
 

あの飛行機よりはまだまし?(笑)
 
 
ってなわけで、不思議なものばかりがゴロゴロしている時期でもあります。
 
 
こういうものを放置して誰も文句を言わないのが フ・シ・ギ
  
 
ね、イタリア人は意外に大人しいのよ
 
 

 

 

コメント

飛行機は展示する場所が違ったら綺麗かも。
金網は駄目ですね(笑
塩の山・・・コメントのしようがありません(笑

芸術を認める寛容な心に感服?!(笑い)

>Junさん
今回一番びっくりした順なのよ〜(笑)
金網は、、、殺意を感じる!?(爆)
 
>kashinさん
「寛容」、、、、いい言葉です(爆)

すみません、芸術を解する能力がなくて。(笑)

震災でNHKのニュースに水戸市も頻繁に登場します。
決まって変な塔が映るのですが、
遠くの友人から、「あれ、ヘビみたいの何?」の質問。
市制100周年に建設された文化施設の中のモニュメントなんです。
正四面体を、記念の100Mの高さまで積み重ねたもの。
昇れるのですが、地元民には不評。
もっちろん私も税金の無駄遣い以外の何でもないと思っています。
ミラノの不思議な物は期限付きでしょうが、
こちらはず〜と。(笑)

好みって~各人さまざま。
飛行機はかっこいいけど、周囲と合わないね!
 
私、、絵画も 趣味変わってるほうなんだよ。人と。

ミラノの人って、案外.....なんだ。(笑)
この.....に何を入れるかは、みなさんのご自由に!(笑)

パリでも今まで、え゛~~~~っていうような
おどろくことがいっぱいありましたが。
最初は大騒ぎだったりするのに、
何年も経つと、妙にしっくりいい感じになったり。

エッフェル塔がそもそもそうですもんね~。

>yukie.snowさん
へ〜100周年で100mの高さ、、、、意味がある(爆)
そういう迷惑なものってミラノはも沢山あるの。
中にはいいものもあるけれどね。
期限付きじゃない
トンデモ作品がたくさんあります。
 
>たぬちゃん
そうよタデ食う虫も好きずき、、、よね。
 
>ぴーたろーさん
パリの人はいちいち大騒ぎするわよね(爆)
あのポンピドーセンターも初めは大騒ぎだった。
でも、コンセプトが見えてるじゃない。
今回の金網と飛行機が一時的なものでホント良かった、、、。

平和な証拠?のんびりした感じが良いなぁと思いましたが、レイコさんの感性にはダメなのですね。たしかに、町にはマッチしていません。ダジャレでもないんですけど。

そうそう、確かに飛行機は置くところかえたらかっこいいかも。

意味不明な物がゴロゴロしてる・・・
更に意味不明な視点からカメラを構えて・・・
考えているだけでもワクワクする!
ああっ、写真に撮りたい(笑)


>YAN-Cさん
なんか、もっとなんとか、、、って思うのよ
3日ぐらいで変われば何となくご利益もあると言うもの。
というか、あのアーケードは何も無い時の方がステキ。
 
>chihiroさん
意味不明な中から意味を見つけるのにも限度があるかなぁ。
あ、金網は見つけられる、、、でも飛行機はダメかな、、、(笑)

ちょっと前に帰宅して、珈琲休憩中で~す。
きょうは、皆さんのコメントも全部楽しく読ませて頂きました。
反応が面白いですね~。

私は乗り物が好きなので、ブルーのジェットを見たとき、
あ、かっこいいな~って反応しました。 ひゃ、ひゃ、ひゃ!
金網はいくらゴールドでも、ステキじゃないわね。
嫌いなのわ、塩山であがいてる黒馬。
作業員は模型ですよね?

サンフランシスコのウォーターフロントにも醜いアートがあるの。
GAPの社長が飾ったもので、地に着き刺さった巨大な弓と矢。
アーティストは、『Claes Oldenburg』です。
ある日、突然、設置されて、美しい景色がだいなしになりました。

>Lumieさん
あの飛行機は使えそうで使えないオブジェなんですよ。
てっきりチョコレート会社の宣伝かと思いました。
だって、もうすぐ復活祭だからね。

塩山の作業員は本物で、施工してる時の様子。
大雨が降ったら塩はどこへ、、、。(笑)

日本のあの「太陽の塔」だってどうしようもないものだし
さぞ迷惑だろうと、、、でも、万博の思いでだからって言う人もいるようです。(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ

お姉さん、オレ、思うんだけどさ、イタリアってところにもっとも似合わないモノがモダンアート、ポップアートですよね。しかも、持ってくるものがことごとくモダンでもなんでもない古臭いコンセプトのモノばかり。イタリア人のオツムがぜんぜん先進国のレベルじゃないから、10年くらい前のNY、ロンドン、パリ、東京の潮流をいつもの自信満々の顔して追いかけているようですわ。見ていて痛々しい。

>Takaoさん
わ〜い、わかっていただけて嬉しいですわ〜〜〜
という事で、あのテの物を見るとどっと身体から力が抜けちゃうのよ
これをイタリア人に説明してもあまりわかってもらえない;;
サローネで家にこもリたくなる気持がわかっていただけるかしら?(笑)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007