« ムシムシの中で | メイン | おぉ、部活? »

2010年6月19日 (土曜日)

梶の木み〜っけ!

Photo



日本でまさか、
東京、新宿の歩道で見かけるとは思いませんでした。
 
  
 

梶の木です。


街路樹の脇に寄せ植えみたいになって、、、、
おもしろいですね。

 
 
昨日、巣鴨辺りを電車で通り抜けたときに駅がアザレアでした。

 
 
びっくりするほどきれいに手入れをされていました。
 
 
ああいうのって、ミラノには無いのよねぇ。

 
 
手入れしている人たちも、ただ はたらいているのではなく、
愛を持って働いているんでしょう。

 

たいしたものです。

コメント

駅員さんが趣味を兼ねて手入れされていたり、ボランティア(老人会とか)がされていたり、と世話をなさる人はばらばらですけど、感謝ですね。
私には出来ませんけど、
庭が草茫々で(笑

梶の木?何となく桑の木に似てますね。
電子辞書で調べたら間違いなくクワ科。ふ〜ん。

そうですね、駅に何気なく置いてある寄せ植えの鉢とか
パーキングに、まさに男の人が生けたであろう花瓶の花を見ると
ふっと心安らぐ瞬間がありますよね。
多分、こまめに手入れした成果なんでしょう。

私、花や樹木が大好きなんだけど、
自宅の庭の花って飾れないんです。
今も薔薇が見事に咲いているのですが、
人にはさしあげても、自宅には飾りません。
ずぼらな私は時々生けた花を枯らしてしまうのです。トホホ

梶の木が東京にあるとは思ってもいなかったです。
諏訪大社で見ただけです。

よく注意されて歩いておられるのですね。
それと植物に詳しくないと発見出来ません。

東京はよく手入れされている方だと思います。
勿論地方にもそんな所がありますが、
つまり、個人個人の心がけですね。

>Junさん
あぁ、やっぱりボランティアの力は強いのね。
日本の良さですよね〜heart
駅のホームの脇にツツジなどが植えられてるとホッとします^^

>yukie.snowさん
私も自分の庭の花を家の中に飾ることは滅多に無いわ。
農薬を使ってないので虫とか出てくるし、外で充分です(笑)
 
>matsubaraさん
東京は意外に植物好きが多いのかも知れませんね。
下町の植木鉢など見てると微笑ましいなと思います。

こんにちは。
昨日から月日にこだわっていましたが、わかりました(*'ω'*)

日本の駅周辺は、路線がなくなっても、駅だけはきっちと残して、その地域の人たちが維持しているケースが多いですね。
猫が駅長という駅もありますから・・・
だからやはり駅の回りを美しくするのはやはり日本人だからですが、これが公園になると、遊んだあと、やりっぱなし。
今日も、いつもの公園でMy Helicopterの朝練。ところがテーブルとイスの回りにコーラーのカン、ジュースの紙パックなどがそのまま散らかし。
情けないですね。
これは私たちの年齢の日本人ではない。確実に若い人たちだとeyeglassは思います。
いや、そんな決め方おかしいといわれるかものしれませんが、その傾向です。
おじいちゃんやおばちゃんは、絶対にこんな散らかし方はしないと確信しています

東京は 緑が多いし、手入れが行き届いていると思います。
案外 田舎のほうが・・・・道とか汚れてるかもね。

深夜 酔っぱらって DM確認し 返信しました。
よろしくお願い申し上げます。

>NATEさん
散らかす人あhどこの世界にもいます。
イタリアは年齢に関係ないです。各家庭の教育でしょう。
これが次第に文化に繋がると思うから、気をつけないと。

>たぬちゃん
東京は片付ける専門の人が常にいるからかもしれません。
その予算があるんでしょう。
地方は観光客が汚していくことがあるでしょうね。
自分の家にゴミを蒔く人はいないものね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007