« 意味不明の国際免許証 | メイン | 教会の居心地 »

2010年5月29日 (土曜日)

青いトマトはお好き?

Photo



こんな青いトマト、日本では売ってないのよね
 

イタリアでは真っ赤になったらトマトソースなどの加熱用
 
こんな風にごりごりしていたらそれはサラダ用

酸味があってサラダにいいんです
 
 
これ、いくら説明しても日本人には無理かもしれません。


真っ赤なトマトしか認めてくれないとおもいます(笑)
 
 
 
イタリア人にとってシャキシャキ感と酸味がサラダには必要なんですね
特に南へ行けば行くほど、それはあるみたい。
 
南イタリアのプーリアの友人の家に遊びにいった時のこと
その人のお母さんと一緒に市場に行ったけれど、
トマトの選び方がかなりシビアでした。
 
 
この写真のサンマルツァーノは美味しくないからといって
プチトマトを買ってました(私もそう思います)
 
 
サラダの時は緑が目立つ物を選んでいて
そのおいしさったら、、、、


でも、本当に真緑のは生で食べちゃダメ〜
毒だそうです
それは加熱してジャムにするの。

 
 
ミラノでは滅多に売ってません
 
 
 
 

コメント

オオォォ━ヽ(*゚Д゚)ノ━ォォオオ
日本では確かに緑のトマトって売ってないです。^^
それにしても真緑のトマトに毒があるだなんて
知りませんでした。!!
レイコちゃまのHPは とってもとっても勉強になります。

>どしゅこいさま〜♪
真緑のトマトは口に入れても吐き出すぐらいとんでもない味らしいので、食べる人はいないと思うけどね(笑)
でも、ほんのり色がついたぐらいのトマトは生で美味しいから日本で売ってなくてもお庭のある人は味わえるから試してみてねbleah

日本では緑のトマトは売っていませんが、昔は「緑が多く残っている状態で収穫して出荷すると、店では到着したあたりで8分ぐらいの赤み」これが農家の出荷基準でした。しかし味は、もうトマトでないですが、「トマトの形」だけのトマト。
これが流通のスピード化で、「完熟」していないのはトマトでないことになり、現在に至っています。
しかし新鮮な野菜はすべておいしいですがね、、、、happy01
畑での取り立ては野菜を食べると、子供たちの「野菜嫌い」なくなること、、、確実ですeyeglass

青い野菜は、植物が確実に子孫を残せる様に、種子が未熟の間は動物に食べられないように毒を持っていたり、不味かったりするんですって。
えぐいのも、同じですね。
日本人は、トマトの「草っぽい」味が苦手なんですね。完熟でないとトマトじゃないみたい(笑
私は固いのをサラダに使いたいですけど。
綺麗に切れるし、歯ごたえもあるし。
サラダはしゃきしゃきしていないと駄目ですよ(笑
イタリア人の好み、少し理解出来ます。
家人は日本人の舌なので、駄目なのhappy01

10年くらい前、NHKTV料理でこのトマトを紹介していました。料理法も解説されましたが日本では手に入らないものだから・・・とあまり聞いてなくて・・・
皮が硬いとか言っていました。全然品種が違うので味も違うでしょうね。一度味わってみたいものです。

>NATEさん
こういうのはプランターでも良いから育てると良いですね。観察もできて一石二鳥。食べ物を無駄にする気持ちが起きなくなる。
 
>Junさん
そういえば鳥がいろいろな種を運んできますね。
繁殖のお手伝いか〜。自然はすごい!
トマトは赤くなくちゃって言うのはミラノに人たちもそのけがあるわ。
目にくっついた鱗は取れにくいからね。
 
>matsubaraさん
皮はそんなに硬いとは思いませんが、硬いのも中にはあります。
たくさんの品種があって、ミニトマトなのに不味いのもあります。
日本では種苗やさんで手に入ると思います。
お庭の片隅にいかがですか?happy01

今日、初めてのイタリアンのお店に行ったんですよ。
14人しか入れない小さなお店で、お店の人はとっても気持ちの良い方でした。
でも、お料理が・・・
最初に地鶏と豚のパテが出ました。すごく大きいの。四角いハンバーグかと思いました。
日本でパテが出ると、大概前菜で薄っぺらいでしょう。それが分厚くて面積も広い。メインディッシュでパテは初めてで、これだけでお腹いっぱいに。味は濃厚でした。
お野菜は自家製ドレッシングで、これは美味しかったです。ピクルスがとても固くてなかなか切れなかったんですけど。coldsweats01

問題はトマトソースでした。
家人のパスタだったのですが、どうもサラダ用の国産トマトでソースを作ったみたいで、水っぽくて味がなかったんですって。具材として入っていたプチトマトが濃厚な味で、「どうしてこれでソースを作らないんだ?」と家人はちょっと不満そうでした。
その辺のトマトでソースを作るなら、それなりに工夫すべきなのに、イタリアのトマトでの作り方そのままで作っている、と家人は言うのです。
テーブルには塩も胡椒も出ていないし、チーズも置いていないので、修正も出来ません。
ドルチェやエスプレッソは美味しかったので、惜しいことです。

私のパスタはユリの花の形のショートパスタで、日本ではちょっと珍しいものでした。
アスパラと小エビのオイル和えでしたが、これも薄味で、私としては、鷹の爪が欲しかったです。

ちょっと我が儘言ってみました。(笑

>Junさん
味が足りない時は「お塩ください」って言うと店側も、あ、不味かったかなって思ってくれるから遠慮しないで頼んで良いかもね。
パテ、しばらく食べてないわ〜たいがい前菜ですね。
というか、昼はパテとパンだけで充分よね〜。
百合の花のパスタってどんなのかしら。イタリアにもあるの?って私が知らないのね(笑)
鷹の爪も次回は頼んでみてね。ってもう行かない?(笑)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007