« ニッポンのカラス | メイン | 駅前の騎馬像 »

2009年7月22日 (水曜日)

川の贈り物/鮎

569


きれいですね

釣り好きの人からの贈り物 present
 
 

天然物です。

体調15センチ前後のものでした。


早速、塩焼き

日本酒がおいし〜〜〜い

焼く時は細かい鱗をこそげてからそっと塩をふって
焼き上がりをいただきました。

そして、余ったものは翌日、フライパンの上でじっくり、、、
どこかの料亭みたいに次の日だって、、、なんてね。

でも、翌日、じっくり温め直したものも美味しいんですねshine
 
 
 
自然の恵みに感謝です happy01


コメント

鮎とかアマゴなんかの塩焼きって 本当に美味しいですよねぇ。
生唾ゴックン♪
イタリアには 川魚の塩焼きなんて やっぱり無いんでしょうねぇ。^^

鮎は近所の川で釣ってるのを見かけます。
漁業権があるので、釣りたい人は漁協に入漁料を払わなければいけません。
アマゴの村とか家とか、そんな名前の釣り堀と食堂を兼ねたお店もあります。
私はどっちかと言えば、鮎よりアマゴやイワナの方が好きですが、獲れたてはどれも綺麗ですね。
骨酒とか・・・

>どしゅこいさま〜
イタリアではニジマス料理をよく食べます。
たいがいムニエルですが、川沿いの専門店では独特の食べ方があってグラグラした湯に獲ったばかりの新鮮なニジマスを入れて調理をしたものがあります。
青い色に仕上がるのでそれを楽しむものです。
でも、鮎は無いと思います。

>Junさん
をを、いい環境ですね。happy01
海以外は入漁料や税金を取られますね、それはヨーロッパも一緒。
昔、多摩川で釣っていたらどこかしらか人がやって来て入漁料を取りに来ました(笑)
アマゴやイワナは東京では夢のようなものです。
骨酒、、、まだ試したことがありません;;

骨酒を作る時は、骨を焼いてくださいね。
以前レイコさんがスープのレシピのところで「骨を焼いてください」と書かれていたのと同じ理由です。

こんなに嬉しい自然の贈り物はないですね。
川に綺麗になったと言う話は良く聞きますが、鮎がいる川はそんなに耳にしたこと
がないと思います。四万十は別格ですが。。。

いやそれにしても鮎は旨いと私も思います。焼きたての鮎をガブッとかぶりつくのが
最高ですね。(おれだけかな・・?)
ってか、自分一人で10~12匹ぐらい食べたことあります。
食い意地はりすぎですみません。
(釣ってこられた鮎をいただいたんですが)
兎に角旨いです。

>Junさん
骨酒の作り方ありがとうhappy01
骨も食べちゃったから今度は残しますheart01
楽しみが増えました。

>KOOLさん
  >一人で10〜12匹
多すぎですっ。贅沢〜heart
私のは小振りだったから8匹、、、食べちゃった。
長野と新潟をまたいでいる川で釣ってきたそうです。
おいしかった〜delicious

これも多摩川のものでしょうね。
出来たら岐阜の長良川の鮎を食べて
ほしいです。

レイコちゃま、
鮎が、ちょっと困った顔をしています。
まだ生きている時に写しましたねっ。

多摩川は、こんなきれいな鮎が釣れるほど、
水がきれいになったんですか。 嬉しいです。

美味しい鮎料理が楽しめて良かったですね♪

>matsubaraさん
いえいえ、多摩川では鯉しか釣れません::
鮎なんて、、、、無理;;
これは長野から新潟に入ったすぐの所だと言うことです。
岐阜はどこも水がきれいだからそれは美味しい鮎が捕れるでしょうね。happy01

>Lumieさん
フフフ、多摩川がそんなきれいな川になったら、、、、
ステキですよね。
私が昔釣っていたのはただの恋ではない鯉;;
持って帰ること無くすべて逃がしてやりました。
この鮎はちゃんと死んでましたよ〜〜〜っ。happy01

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007