« だんだん増えて来たミラノ人口 | メイン | 夏の別れ/ロストラブ »

2008年8月29日 (金曜日)

ペペローニ/カラーピーマンをおいしく

8184













 


ペペローニは日本ではカラーピーマン

そういえば日本のピーマンってこちらにはありません。
あれ、イタリア人、嫌いかも。


このペペローニは生で食べても美味しいけれど、
やっぱり基本の食べ方が一番飽きないわ。
 

消化不良を起こしやすいという事で食べたがらない人も多いです。
その主な原因がこの皮にあるようです。
で、皮をうまくはがさなければなりません。

これ、結構知らない人が多いの。


8223_2

















ペペペントラの小さいのを使ってます。
とっても簡単です。
無ければお手持ちのお鍋などで工夫してください。

これ大量に作る場合は
オーブンで焼いてもいいのですが、家庭では手軽にお鍋でどうぞ。

中にきれいに洗って水気を拭いたカラーピーマンを入れ
中火にかける。(油も何も引きません)


8229
















すべての面を焼きます。
じっくり焦げ目がつくまでゆっくりじっくり焼きます。

 

8238















細かい皺ができているのが分かりますか?
でも、ここで終わりにしてはいけません。


8244












 
 
 
ペペペントラの蓋をしたまま放ったらかします。
ぐにゃっとしているのが分かりますか?
冷めてから取り出します。
 
 

8249
















取り出して皮を剥きます。
薄くはがれます。
丁寧に取り残しが無いように剥きましょう。
種もヘタも取り除いてください。
 
 
これで、下ごしらえができました。

オリーブオイルを引いて
塩をふったカラーピーマンを入れます
所々、ニンニクスライスを散らします。


8253

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
これ、そのまま前菜としてもおいしいし、付け合わせにも、
焼いた鶏肉にくるくる巻いてもいいし、、、

3日ぐらい持ちます


オイルは他の調理に使えるので余っても捨てないで、
トマトソースに細かく切ったものを加えてもおいしいです。


こんなに応用のきくものも珍しいので
是非お試しください。

 


ペペペントラのPVができたようなのでご案内します。




コメント

レイコさん、こんばんは。
うちでは、グリルパンで焦げ目をつけた後に
紙袋に入れてふやかす原始的な方法です(苦笑)

ペペペントラのPV見ました!
途中合いの手のように入るカワイイ声の「ペペペントラァ~♪」がいいですね。耳に残ります。
実際に使っている映像を見ると、便利さがすごくよく分かりますね。
イタリアでも逆輸入して販売するといいのになぁ~。

SOLEさん、こんばんは。

そうそう、紙袋に入れるのも一案。
ビニール袋に入れるのも一案。

でも、ペペペントラだったらそのまんま。。。。
べんりなのよ〜〜〜。

っていうけれど、実際は使った人でなければわからないし
きっとその人独自の使い方ってあるでしょう。

その可能性が沢山あるので自信を持ってお勧めできます(笑)
ほんとうに、逆輸入できればいいのにって思います。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007