« イタリアのエレベーター | メイン | 冷蔵庫と冷凍庫の掃除 »

2008年5月27日 (火曜日)

悪夢の冷凍庫

私が体験した悪夢のような出来事をお話しします。
もう、15年以上前の夏のことです。(古)

家の地下室に置いてあった人間なら2人はかるく入るような冷凍庫
それが壊れたのです。


横に開くのではなくて蓋が上についてるタイプ。
それこそ、棺桶風。
時は夏、きっと壊れて2週間以上たっていたと思います。
 
 
異臭騒ぎがありました。
 
 
地下に動物の死骸でも?って、、、。
 
 
匂いのもとはうちの冷凍庫でした。
あけたとたん大変なことに。
まずその強烈な匂い。
 
 
目が開けられないほどの匂い。
 
 
今までにこれよりひどい匂いをかいだことありません。
塊の物はほとんど無く、
肉から何から全てトロトロに溶けて液状。
少し濃いめのベージュです。
 
 
それをくみ出さなければならなかった。

上半身を中に入れないとくみ出せないほど深い。
逆立ち状態。
作業を終えた後、
もう、恐い物は何も無いって思ったほどです。
 
 
そのあと、シャワーを浴びたのに
その時の服も洗濯したのにあの匂いがしばらく残ってました。
きっと肺の中にしみ込んでいたのでしょうね。


丸一日寝込みました。

 
先日、BOX型の冷凍庫を見に行ったところ、
色々改良されていました。排水溝らしき物がついていたり、
省エネタイプだったりと色々。
安いし便利なので買ってもいいかしらって思いました。
 
 
一つだけ救われたことがあります。
密閉されたところで腐ったため
虫が来なかったから、見た目にはOKでした。
 
 
これで虫とかウジョウジョしてたらどうしてたでしょうね。shock
それこそホラー映画。

 
だから、夏休みに家をあけるのが恐いのです。
さっさと冷凍庫を空にすべく、毎日せっせと食べてます。gawk

がんばらなくっちゃ。cherry


コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007