« またも断水 | メイン | イースターエッグ »

2008年3月17日 (月曜日)

しゅろの日曜日

教会の入り口にはオリーブの枝が用意されています。
C_2












復活祭の直前の日曜日をシュロの日曜日と言います。

イエス・キリストがエルサレムに入った事を記念した日です。
 
南イタリアではシュロを使いますが、
北イタリアにはシュロが無いのでオリーブを使います。
 
 
教会に行って祝福されたオリーブの枝もらって帰ります。
もらうとはいっても、有料です。
ま、お布施なので、、、。

だから、街行く人たちの手にオリーブの枝が目立ちます。
こちらでは土曜と日曜に行われました。

Photo_2Cimg4515

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007