« 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月19日 (水曜日)

パスタの棚

Photo












朝一番、まだ人のまばらなスーパーのパスタの棚です。

続きを読む »

2008年3月18日 (火曜日)

イースターエッグ

Photo_4














復活祭のシンボルの一つにがあります。

続きを読む »

2008年3月17日 (月曜日)

しゅろの日曜日

教会の入り口にはオリーブの枝が用意されています。
C_2












復活祭の直前の日曜日をシュロの日曜日と言います。

続きを読む »

2008年3月16日 (日曜日)

またも断水

もう、呆れて物が言えないとはこのこと。


土曜の朝、久しぶりにのんびり寝坊をして顔を洗いに行った所「断水」。
またも予告無しに断水。
顔はウエットティッシュでなんとか、


歯はミネラルウオーターで洗いました
ガス入り、、、bearing

続きを読む »

2008年3月14日 (金曜日)

お花見

Photo
















日本のソメイヨシノをどのぐらい見ていないかしら、

たぶん、20年ぐらいです。

咲いている時期に日本にいないという残念なことになっているのです。
今年もきっと、おあずけです。
ここミラノの桜はいろいろな種類があって
いっぺんに咲いて散って行くということは無く、
あちこちで咲いたり散ったりしています。

桜を見ると心が和んで日本の良さがしみじみと思い出されます。
ミラノは快晴、清々しい日でした。

2008年3月13日 (木曜日)

断水のその後

Photo









これが例の泥水。
これが路上に出ているとどこかで水道管が破裂などの事態にあるということ。
こんな事知っていても何の特も無しですね。

Cimg4461








物々しかったのですが、夕食の時間には無事終了、
でも、ずいぶん時間がかかりました。

8時間ぐらいかかってますね。

働いている人達を見たらほとんど外国人でした。
ミラノには外国人がたくさんいます。

10人中3人が外国人とも言われています。

2008年3月12日 (水曜日)

断水

Mokuren












断水って日本では滅多に無いのではないでしょうか。
たまに工事などで断水にする時も前もって時間が指定されます。
こちらももちろん同じですが、事故の時は別。

その「事故」がよく起こるので困ります。



今、ここは断水。
今朝、近くを歩いていたら道路に泥がたまっている。

今までの経験により、これはどこかで水道管に異変がおこり、
何かあったのだということがわかります。

その後2時間ほどして家に戻ると、

管理人が「断水よ。復旧の見通しはまだついていないから、注意してね」って。


昼直前、みんな食事の用意はどうしたんだろう。


でも、停電に比べると少ないかな?
ま、どちらにしろ不便です。


2008年3月 9日 (日曜日)

ミモザの花

Photo_2












女性の日は日本との時差があるのでまだまだ終わっていません。

花屋の店先もミモザ。
もちろん、他の花を選んで女性に贈る人もいます。

Photo_3
 
 
 
 
 
 





 
地下鉄の入り口付近も
ミモザを売る不思議な人たちがウロウロ。

だいたい一本2ユーロから5ユーロです。
彼らはいつもは偽ブランドのサングラスやおもちゃなど他の物を売ってます。

Photo_4
 
 








これは1867年開業、老舗サヴィーニのケーキ、
正にミモザのケーキです。
サヴィーニは最近素敵なレストラン兼カフェになりました。
おしゃれです。SAVINI

2008年3月 8日 (土曜日)

女性の日(世界婦人デー)

3月8日は女性の日です。
これは世界的に決まっているようですね。

でも、休日ではありません。
新聞によると、

続きを読む »

2008年3月 7日 (金曜日)

春の花

Duomo



 











今日は寒くてビックリです。


3日ぐらい前は20度まで気温が上がり、
もう、冬に戻る事は無いかも、、などと高をくくり、
コートなどを大きな袋に詰め込んでいざ、洗濯やさんへ、、、。



が、しかし、今日の最低気温がマイナス3度、、、最高気温7度。

まだまだ冬です。

珍しく風もあり、その風の凍てつくこと。
こんなに寒いとそれなりにいいことが、、、


7分咲きの木蓮など、ゆっくり満開になるということ。


長く楽しめます。

この時期、花粉症がでます。
抗ヒスタミン剤を夜寝る前に飲んで対処します。

日中の温度も、日ごとに変わる温度にも身体が着いて行けず、
風邪をひいてるのか、
アレルギーなのか見分けるのが大変。

ホカロンのようなものはイタリアにもありますか?
とよく聞かれます。

釣り具屋さんや、狩猟屋さんに行くとレジの横にあります。
日本に比べて高いです。

確か一袋2ユーロぐらいだったと思います。


reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007