« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月27日 (火曜日)

コーヒータイム

Cimg3095イタリアでは何かあればすぐにバールを利用します。喫茶店のようなものです。そこで注文したこれはマロッキーノと呼ばれるもの。エスプレッソに牛乳の泡とカカオ。
最近人気のものです。


Cimg3096
これはカフェマッキアートというもの。直訳すれば染み付きコーヒーです。コーヒーにミルク染みをつけるってこと。
カップッチーノの小さいのです。
上に蒸気で暖めた牛乳の泡で絵を描いてます。バールによって違います。

2007年11月16日 (金曜日)

マジパン

Photo_3







マジパンで作られたかわいいサボテンです。


シチリアはアーモンドの産地ですからこのマジパンも南イタリアのお菓子です。
ミラノにあるこの店はイタリアで2番目に伝統のあるレシピを使っているお店。
どれをとっても味わい深いもの。


夏は本格的なジェラートが味わえます。
見た目がきれいだとおいしくなさそうに思うでしょ?
イタリアのマジパンは甘いけれどとってもおいしいです。
アーモンド、砂糖、卵白が主原料です。シンプルな味わい。
 
 

Photo_3 
 
 
 
 
 
 
こんなにきれいに作ってあると食べるのがもったいない。
季節にあわせた果物、今は焼き栗そっくりなもの等が並びます。
人気はリンゴ、飾っておくだけでもきれい。

形は違っても味はみんな同じだそうです(笑)


Photo_5う〜ん、これは食べたくないかな?
お店で売れ筋の一品なんですよ。
悪趣味は万国共通?!

2007年11月13日 (火曜日)

ルビー?

Cimg2952そろそろ忘年会が近いですね。ミラノではクリスマスパーティーで慌ただしく会うよりも一足早くという気持ちで軽いパーティーがあったりします。
そんな時に欠かせないのがシャンパンまたはスプマンテと呼ばれる発泡性のワインです。
そこにルビーを落としたようなきれいな演出をするのがザクロ。

うっとりするほどきれいです。
そして、ほんのり甘いザクロの味も楽しみながらいただきます。


Cimg2878


Cimg2883

これは2つに割ったところです。実は小部屋に別れて入ってます。
黄色い部分は食べると苦くてビックリです。
注意しましょう。

外見はそうでもないけれど、開けると驚くほどきれいな実が入っています。
なぜか外見のあまり美しくない方がおいしいです。
種がありますが、そのまま食べてしまいます。

Cimg2854_2



 
 
 
 
 

遠目ではリンゴのようにも見えますね。
肌色のものは地味ですがおいしく、濃い美しいピンクのものは酸っぱいです。

でも、テーブルを演出する効果は絶大です。

2007年11月 1日 (木曜日)

イタリアの葡萄酒

Photoイタリアのワインは世界で一番おいしいと思います。私が好きなのはヴェネト州(北イタリア、ベニス近郊)のもの。
日本ではトスカーナ地方のキアンティが有名ですね。量産されているからでしょうか。
これは34L入りのダミジャーネと呼ばれるもの。中にはワインが入ってます。スーパー等で売っているものは発酵止めなどが使われているけれど、これは自然の味。コク良し、香りよし、味良し。
製造元から直接買います。
こんなにたくさんどうするのかというと瓶に詰め替えるのです。
詰め替える日も決まっています。風が吹いていたり、雨が降っていたりすると移し替えられません。味が変わってしまうそうです。月の満ち引きも考えなければなりません。今週末までに移し替えなければならないそうです。
昨夜、とてもいい天気だったので詰め替えました。今回は赤白あわせて90本。
これは来月頃から飲めます。
移し替える瓶はシャンパンと同じもので丈夫で重いです。普通の瓶だと爆発してしまうからです。(怖)
「かわいいワインには旅をさせるな。」運ぶとどんどん味が変わってしまいます。だから日本には持っていけません。
残念ながらこれと同じようなおいしいワインを日本で味わったことはありません。
私の手元には今、合計150本ほどのワインがあります。いったい誰が飲むのかしら????

reiko / profile

Search Engine

  •  

Powered by Six Apart
Member since 06/2007